新感覚デスゲームサッカーマンガ『ブルーロック』の感想と魅力

『ブルーロック』というマンガの魅力と感想を紹介したいと思います。
個人的な感想などを掲載していますので、皆さんの楽しいマンガライフの糧としていただけると嬉しく思います。

ブルーロックあらすじ

ブルーロックは日本の悲願であるW杯(ワールドカップ)優勝のためにたった1人の最強のエースストライカーを育てる物語。

ただし、ただの育成マンガではありません。
300人の青少年FWを全国から招集、一度でも脱落した者はその後日本代表には選ばれないデスゲーム要素が入ったサッカーマンガです。

これまでにはなかった新感覚のサッカーマンガではありましたが、日本サッカーや実在の選手を卑下ような描写があり批判の声も多かったようです。

てるまえ
賛否の声はありましたが…あくまでフィクションとして受け止めて割り切って読むことをオススメします…

ブルーロックの出版社や作者は?

ブルーロックは講談社で出版されている「週刊少年マガジン」で2018年から連載されているマンガです。

作者は原作と作画に別れておりそれぞれ「金城宗幸さん」と「ノ村優介さん」です。
金城宗幸さんは『神さまの言うとおり』の原作者としても知っている方は多いのではないでしょうか?

ブルーロックの感想

一言で新感覚のサッカーマンガでした!
これまでサッカーマンガはキャプテン翼から始まり、ホイッスル、エリアの騎士、GIANT KILLING、Days、アオアシなど読んできました。

どれも青春、努力、仲間などをテーマに主人公の成長とともにプレイするステージが変わってくストーリーで、その中で監督目線の「GIANT KILLING」はサッカーマンガとして新鮮な印象を受けた記憶があります。

しかし、ブルーロックは自分が一番になるためには仲間すら利用する露骨なハングリー精神をストレートに描き切ったマンガなのではないでしょうか。

こんなのスポーツマンガではないと仰る方もいらっしゃると思いますが、「マンガ」という一つの作品としては魅力的だと感じました。

こんな人にオススメ!
  • サッカーが好きな方
  • デスゲームマンガを好んで読んできた方(グロい表現はありません)
  • 論理的な考え方が好きな方
オススメできない人…
  • そもそもサッカーに興味がない方
  • デスゲーム的な人を蹴落とす、おとしいれる話が好きではない方
  • 非現実的ないき過ぎた設定が受け入れられない方

ブルーロックの魅力

個人的に感じたブルーロックの魅力について紹介します。

これまでのスポーツマンガにはない、デスゲーム要素を取り入れた殺伐としたストーリー展開!

自分が一番、そのためには周りの仲間は利用する。
露骨なまでのハングリー精神全開でいっその事清々しさすら覚えました。

てるまえ
世界の頂点に君臨するプレイヤーそれぐらいでないといけない…と思わせられるほどでした…

登場人物が個性的過ぎて飽きない!

全員がエゴイストの中でもそれぞれの個性が出ていて面白いです。
集められた選手は高校ではエースの選手ばかり、それぞれのエースとしてのコンセプトがぶつかり合いもブルーロックの魅力の一つだと思います。

てるまえ
コンセプトのぶつかり合いの中で成長していく様は注目です!

自分が成長するためには何をすべきかを論理的に言語化してく

デスゲームに生き残るために自分の武器を磨くために自分やライバルのプレーを論理的に分析してくシーンもこれまでのサッカーマンガにはなかったかと思います。
個人的には「運がよかった」を論理的に解説しているシーンが非常に印象的でした。

てるまえ
勝手に成長強くなっているのではなく、成長する過程が論理的に詳しくシーンとして描かれていることがポイントです!